お知らせ

おいぬさま(荒戸里也子さん 著)

ジャパニーズ チン(狆)の絵本です。狆はチベット由来で日本が原産の犬。狆という漢字も日本の創作漢字です。日本のきらびやかな和服にあうコントラストということで宮内で重宝されたよう。お犬様(綱吉)の時代には今でいうブリーダーのような飼育機関があり、非人道ともいえる増やし方をしていたそうです。表紙のちんさま、美味しいご飯をたんまりいただいているあたり、昔の風習からすると、男の子かな・・・。gufo Shopこの...

続きを読む

しりたがりやのこいぬとたまご(ズデネックミレルさんえ)

☆ 明日は10:00~ねこ活です ☆☆ ご参加の方にはネコTシャツがもらえるかも?!☆本日の絵本のご紹介はしりたがりやのこいぬシリーズ。↓↓gufo shopお話のなかに、「がまのほ」が出てきます。昔は身近でよく見たような気がしますが、ここ数十年、見てないような・・・。身の回りに水辺が減ったのでしょうか。ガマとは水辺や池に生える植物。絵を見ると、みなさまも見たことがある!と思い当たるはずです。ちょうど今の時期にニョキ...

続きを読む

しりたがりやのこいぬとおひさま(ズデネック・ミレルさん絵)

しとしと雨が降り続いています。こんな日は絵本のご紹介です。しりたがりやのこいぬとおひさま。わたくしの幼いころの記憶に残っている絵本です。よーく見ると、犬さんの尻尾太い!!生れてからものごごろつくまで実家で飼われてた犬は、白地に茶色いポチポチがあって、ポチという名前でした。ポチに似ている犬さんだったから、よく覚えているのかしら・・・。太陽の顔もまた印象的です。本文では手が生えています。お話はよく考え...

続きを読む

アンジュール(ガブリエル・バンサンさん作)

「アンジュール」って犬の名前ではありません。(わたしはずっとアンジュールっていう犬だと思ってました。)un jour (フランス語)アンジュール =  ある日(日本語)un chien(フランス語)アンシアン = 一匹の犬(日本語)なので、「ある犬の物語」という副題がついています。この絵本をなんとなく知っている方は、悲しいお話だと思っている方が多いのに驚きました。(というわたくしも、大昔に見たときに、悲しい涙があふれ...

続きを読む

きょうはなんのひ?(林明子さん絵)

以前ご紹介しました林明子さんの絵です。ふんわり暖かい絵。そして物語は表紙からはじまっています。朝ご飯を食べるお母さんとお父さんの様子をうかがいながらこっそり赤いリボンの手紙を・・・どこに持っていくのでしょうか。ひとりお家でお留守番のお母さんを楽しませようとしたのかな。お父さんをびっくりさせようとしたのかな。それにしてもお子さまは、お母さんの行動や癖をよく見ています。ほっこりあったかいお話です。最後...

続きを読む

gufo(グーフォ)

〒165-0027

東京都中野区野方5-26-3

パークサイド野方104

営業時間9:00~19:00

月曜定休

TEL03-5356-9774

gufo

Author:gufo
HP→ http://gufo.jp
書籍通販→gufo shop

11月19日(日)ねこ活です。10:00~

12月10日(日)犬さんの日 10:00~
12月17日(日)ねこ活 10:00~

年末は31日まで営業いたします。
年始は6日からです。
動物が出てくる絵本や児童書
オーガニックペットグッズ
動物がモチーフになった雑貨の販売と
カフェのお店です。

スペースレンタルも行ってますので
ご相談ください。

店主
AHT1級・動物管理士・トリマーライセンス保有
illyの飲める店
中野区都市観光サイト
中野経済新聞
FaceBook[gufo]

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: