お知らせ

サメのひみつ10(仲谷一宏先生 著)

海は一番深いところで1万1千キロメートル。たった11キロメートル。そこまで行ったことのある人間は0人。そこまで行ったことのあるサメはいるのかな。。。サメはイルカやクジラと比べても全体的にシャープで骨ばっているイメージ。尖った歯や鱗があるせいかしらと個人的には思います。眼はギョロっとしているイメージ。「かわいい」というよりは「かっこいい」。「ヒト」や「クジラ」だったらそう違わないけれど、サメにはいろいろ...

続きを読む

海の辞典(中村卓哉さん 写真・文)

気持ち良い夕風が吹いています。片手に収まる、小っちゃくてかわいい辞典です。海やそこに棲む生物に関連する言葉集。たとえば・・・海松色(みるいろ)・・・海松という海草に似た黒っぽいもえぎ色。澪(みお)・・・海の中の水路や筋。鯨寄る浦、虎伏す野辺(いさなよるほ、こふすのべ)・・・鯨や虎が来るような未開拓な地。などなど、6つのテーマに分けられて紹介されています。1 海の色・音・風2 波・潮の名前3 海と海まわ...

続きを読む

世界の美しいサメ図鑑(仲谷一宏先生 監修)

ちびっ子に絶大な人気を誇る、「世界の美しいサメ図鑑」再入荷です♪男の子も女の子も、この図鑑は大好きです。絵本を何か買ってもらえるということで、あれこれ迷って決めかねているちびっ子に、このサメ図鑑を差し出すと、必ずと言っていいほど選んでいただけます。不思議な魔力。この図鑑を監修している仲谷一宏さんはわたくしも同期もみんな大好きな恩師。(わたくしはサメの研究ではなかったですが。)少年みたいなお茶目で純...

続きを読む

ウナギと日本人(筒井功さん著)

ウナギ好きには読んでほしい本です。ウナギそのものについて語る本ではありません。ウナギと日本文化、ウナギと人間の交渉史。日本人は世界一のウナギ好きなのだそう。というのは、世界で捕獲されているウナギの7割は日本人が食べているのですって。外国ではウナギはほとんど食されていない。それは、おいしくないから。ということは、日本人の「生き物を食す」しかも、「おいしく」という調理技術、ノウハウのレベルの高さもうか...

続きを読む

世界で一番美しいイカとタコの図鑑(窪寺恒己さん監修)

世界で一番美しいイカとタコの図鑑こんな不思議な生き物ってそうそういないのではないでしょうか。それでも頭は一つで目は二つあるんだなぁ。美しい図鑑シリーズはいくつかご紹介してきましたが、もれなくこの図鑑も、その生き物への愛がつまっています。DJECOさんの知育トイ。お魚をカードの順番に並べるゲームです。カードの種類は10種類。木でできているのでやさしいタッチです。その割にはリーズナブルです~。...

続きを読む

gufo(グーフォ)

〒165-0027

東京都中野区野方5-26-3

パークサイド野方104

営業時間9:00~19:00

月曜定休

TEL03-5356-9774

gufo

Author:gufo
HP→ http://gufo.jp
書籍通販→gufo shop

7月9日(日)、8月6日(日)は
臨時休業いたします。
申し訳ございません。

7月16日(日)ねこ活です。10:00~

動物が出てくる絵本や児童書
オーガニックペットグッズ
動物がモチーフになった雑貨の販売と
カフェのお店です。

スペースレンタルも行ってますので
ご相談ください。

店主
AHT1級・動物管理士・トリマーライセンス保有
illyの飲める店
中野区都市観光サイト
中野経済新聞
FaceBook[gufo]

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: